研究室の紹介

本研究室は、以下の研究室内規に基づき、教育・研究活動を推進しています。

東洋大学スポーツ健康科学(白山キャンパス・川越キャンパス・板倉キャンパス)研究室内規

(目的)
第1条 東洋大学スポーツ健康科学(白山キャンパス・川越キャンパス・板倉キャンパス)研究室内規(以下、内規という。)は、スポーツ健康科学委員会(以下、委員会という)規程が定めるスポーツ健康科学教育研究に関する実務に責任を持つ組織である東洋大学スポーツ健康科学研究室(以下、研究室という)の運営を適切かつ円滑に行うために必要な事項を定める。

(組織)
第2条 研究室は次の者をもって構成する。
(1) 白山(文系6学部)、川越(理工学部・総合情報学部)及び板倉(生命科学部)の教養教育のスポーツ健康分野科目担当者(以下、科目担当者という。)。
(2) 科目担当者の内で国内外長期研究従事者も室員とする。
(3) 研究室会議で適任と認める者。
第3条 室長と副室長
(1) 研究室には、室長と副室長を置く。
(2) 室長と副室長は、年度当初に研究室会議で室員の互選により選出し、再任は妨げない。
(3) 室長は、研究室が行う実務の統括責任をもつ。
(4) 室長は、研究室会議の決定をスポーツ健康科学委員会に報告する。
(5) 副室長は、室長を補佐し、室長に事故ある時は室長の任務を代行する。

(研究室会議)
第4条 研究室会議は、次のことを原則として運営する。
(1)  研究室会議は、室長が必要に応じて招集する。
(2) 研究室会議は、室員の過半数の出席により成立する。
(3) 研究室会議は、合議により意志を決定する。
第5条 研究室会議は、次のことを審議する。
(1) 研究室が責任を持つ教育研究に関する実務の運営に関する事項
(2) 委員会から付託された事項
(3) その他、必要な事項

(研究室業務)
第6条 研究室は、以下のことを行う。
(1) スポーツ健康科学教育と研究
(2) 教育・研究の予算要求原案の作成
(3) 教育・研究設備の維持管理
(4) 教育・研究の図書・用具・機器・薬品の管理
(5) 学外各種補助金による設備の申請と保管管理
(6) 紀要の発行と編集に関する作業
(7) その他、必要な事項

附 則
1 本内規は、研究室会議の議を経て、委員会の承認により改廃する。
2 本内規は、平成12年6月17日から施行する。

附 則
本内規は、平成24年4月1日から施行する。